»
スタッフブログ

スタッフブログ

【#022】 「さあ、実験をはじめよう。」Ⅱ

来月、大学生と小学生の授業時間に木について話す機会を頂きました(^^;)

まだ、1ヶ月ありますので木材仲間や会社のみんなと準備を進めていく中で、
せっかく湿度の高い梅雨の季節ですので、
木質空間の実験をして、経過報告と現物を見て頂こうと思います。





湿度や室内温度の変化、またカビの発生について検証できます(9`・ω・)9

 

【#021】 池上 彰氏 講演会にて

日頃ニュースや新聞を中々見たり読んだり出来ていない(>_<)中、
昨日、カープファンでもある池上彰氏の講演会に行って来ました。


「ニュースから世界が見える」の演題で、令和時代の日本、イギリスのEU離脱、
トランプ大統領などを中心にわかりやすく世界の情勢について
教えて頂き、目からウロコの怒涛の120分でした(@∀@)

一番印象に残った言葉は、“プランB”という言葉です。
アメリカで昔から使われる積極的な言葉で、常に最悪な状況を考え、それに対する作戦、
対策を考え準備しておく事が大事であると!
頂いた要望に対して、「出来ません」ではなく、「これなら出来ます」「もっとできます」と
積極的に応えていけるよう社員一同徹底していきたいと思いました(`・ω・゜)ゞ

早速、今月~来月にかけての懸念材料は「梅雨」です((+_+))
スケジュール変更に伴う「プランB」を早めに準備せねば!!!

 

 

【#020】 広島“市”のシンボルツリー

製材の方から凄まじい匂いがしてきました。これほど強烈な匂いを発する木が他にあるでしょうか(;_;)

    
この木は広島“市”のシンボルツリー“くすのき”(広島“県”のシンボルツリーは“もみじ”)です!!
虫も嫌う強烈な匂いの為、昔からタンスに使われ、又とても大きい巨木の為、
現在も1枚板がとれます!
 


当社では製材することはたまにしかありませんが、敷地内の立ち木の中で一番大きい為、
毎年秋の落ち葉拾いがとても大変なとても“シンドイツリー”です(^^;)

 

【#019】 必見!!やまだ屋大野ファクトリー

昨日の夕方の番組「みみよりライブ5up!」で、吉本芸人の「次長課長」さんが「やまだ屋おおのファクトリー」を訪れ、
もみじ饅頭の手焼き体験されたところが放送されたようです。
今年の2月にオープンしたこの手焼き体験が出来る建物は、実は非常に注目された建築物で、
当社から車で5分の場所と近く、私もオープン前の見学会に参加してきました。



構造では、壁に150mmのラジアタパインLVL(Laminated Veneer Lumber)と、屋根に90mmと150mm
の杉桧ハイブリッドCLT(Cross Laminated Timber)が使用されており、意匠にもLVLが多用されていました。
防火規制が厳しい都市部における、木の持つ複合的な性能を活かした堅牢性、遮音性、断熱性、
そして新しい表情の空間を持った、
伝統木造とは異なる新しいタイプの木造建築を見て知ることが出来ました。



“上田宗箇流の茶室でお茶ともみじ饅頭を食べながら建物見学!!”はいかがでしょうか?(’∀`)/♪
※国道2号線沿いでJR大野浦駅のすぐ前ですので、車でも電車でもアクセスが良いです。

http://momiji-yamadaya.co.jp/



 

 

【#018】 カラフルコントロール

木材の産地(地域)や流通を把握するために、木口にスプレーを5色(パターン)に分けて拭いて
カラーコントロールをしていました。


しかし、奈良県の吉野に行って桧の工場を見学させて頂いたときに感激しました(゜▽゜)/
  

カラフルに管理されていました(◎。◎)!!
産地(地域)分けからさらに細かく伐採された山々で分けられているということです。
また、細かく管理されているでけでなく、こんなにもカラフルだと仕事も明るく楽しく出来そうだと思い、
ぜひともやってみたいと思いました(。σ∀σ。)


 

 

【#017】 家具のロールスロイスとも呼ばれる木材は??

重厚な濃い茶色の木肌を持つ高級品の代名詞のような木材で、時間の経過と共にまろやかな茶色に変化し、
深みと艶、美しさを増します。正解は“ウォルナット【≒ワオー、ナット(ク)】です。

家具や楽器は勿論、加工後の狂いも少なく塗装性にも優れていることから飛行機のプロペラにも
使われていたこともあるそうです(@ω@)

全国的にみても広島では比較的人気が高く、私個人的にもスモーキーで重層(3D)的な木目が大好きです。
幅広の床の上を歩くと雲の上を歩いているような気分になると思います(^^♪

また、固く粘りのある材質ですが軽量、つまり空気層があり温かいので素足で歩かれるにはおススメです!

塗装サンプルが出来たので早速お客様にお持ちしたいと思います!!



 

 

【#016】 “おりづるタワー”に登れない(>_<)

昨日、広島市内にて、カープOBの安仁屋宗八さんの講演会がありました。
安仁屋さんは沖縄で初めて夏の甲子園出場を果たし、現役の頃はV9時代の巨人相手に34勝を上げる巨人キラーとして
活躍されました。今のカープのリーグ3連覇の理由や、二軍監督時代に選手が一軍で活躍できる力をつけるにはなどを、
独特の笑いとともに我々の仕事にも活かされる内容で話して頂きました。



講演終了後は、久しぶりに会場近くのおりづるタワーに向かい、広島県産の杉や桧で囲まれた屋外展望スペース
“広島の丘”13Fに登って広島市内の絶景を見ようと!

     

隣の原爆ドームや平和公園を歩いたあと到着したのですが、なんと18時でチケット販売終了(※次は19時~)。。。。。(□о□;)
泣く泣く帰ることに(´°ω°`)

帰りにチラシを見ると、19時以降は1,000円と通常料金(1,700円)よりも安く、また色々な企画が催されてることを知り
ますます魅力を感じました(*´▽゜)

http://www.orizurutower.jp/
  

 

 

【#015】 ミラクル!! in Wood

今年のゴールデンウィークに動物園で“ふくろう”を見ましたが、普段なかなか見ることはありません。
それが当社の工場の中で発見(*^^)v




工務店様にお持ちする直前だったので急いで写真を撮りました。
木は人と同じくそれぞれに「個性」があり面白いのですが、特に広葉樹の表情は豊かです。
しかし、今回は針葉樹の“杉”からミラクルが生まれました(◎о◎)!!

思えば、2年前の夏に地元広島で「これは面白い」と思った“黒柿”がありました。


切り口を見ると、まるで“花が咲いている”ように見え、別の切り口も“ミッキーマウスの顔”に見えたのです(*´▽`)


そしてなんと、その年の秋、その“黒柿”が岐阜の全国銘木展示市で「全国銘木連合会会長賞」を受賞しました!
1枚板のテーブル板など、通常は樹種やサイズや価格で決められますが、
ぜひ実際の木の表情を見て頂くと、また違った納得感、価値観が得られると思います!




 

 

【#014】 “床リノベ”伝授!

「あの頃に戻りたい」
我々は若い頃に戻りたくても普通は戻れません(..)が
無垢の床は若返り出来るんです(´∀`*)

大阪の材木屋さんの仲間?兄弟?から「床リノベーション」を伝授して頂きました。
無垢の木は表面が日焼けしても、汚れても、傷ついたとしても、少しだけ表面を削ってあげることで、
若くて美しい表情に戻ることができます!




実際に休憩所で部分的に実践してみたのですが、どんどん汚れが落ちてキレイになっていくので、
やりがいと嬉しさを感じながら、これはお客様も絶対に喜んで頂けると思いました。
住宅では比較的にメンテナンスをして頂きさえすれば、それは経年美として美しいですが、
非住宅の施設や店舗などはなかなか行き届かない面もあるのではないかと思います。
学校の床や店舗改装などで、床の張り替えを検討される際に、もしその床が無垢材で、また
その木に想い入れがあったり、木を大事に使ったり、または工期を早くや、施工費を安くと
思われたらぜひともご相談下さい(^^♪


 

 

【#013】 「さあ、実験を始めようか。」文科省×仮面ライダー

このセリフは、小さいお子様がいらっしゃる方はご存知かと思いますが、2017~18年に放送された、
2つの成分の組み合わせを実験する主人公の天才物理学者の掛け声です。
このセリフで仮面ライダー“ビルド”(「創る・形成する」)に変身して立ちはだかる敵に合わせて勝利の法則を
編み出していくストーリーですが、
科学技術や研究開発への興味関心、科学人材の育成に通じるという事で文部科学省がタイアップされていました。
当社も様々な木材を取り扱う中で、実際にこれまで伝え聞いてきたことだけではなく、
出来るだけで木そのものの力や、付加価値の処理された材を比べて生の情報をお伝えしたいと思っています。
1つは耐久性や強度を求められる外部用に適した木の実験です。
杉の赤身だけ、ヒノキチオールが一番多い天然青森ひば、サーモ(熱処理)ウッド、イペ、イタウバ、ピンカドー・・など、
乾式注入材、世界で活躍している様々な注入木材、レッドシダーやレッドウッド、集成材・・・などなど。
      
    

厚みや塗装によっても異なりますが、これまでやこれからの木材を出来る限り試してお伝えしていこうと思います(*>人<)

 

PAGE TOP