»
»
カテゴリー:木材

スタッフブログ

【#485】 エンジュ


久しぶりに日曜日が晴れて喜んでいましたが、カープは大敗し

明けて今日(月曜日)から雨ということで少し暗い気持ちの月曜日となりそうでした (´._.`)

そんな中、工場へ行って見ると、暗い色の木「エンジュ」を発見しました (  ◯ω◯)!

  


名前だけ聞くと、アフリカの「ウェンジ」と遂々間違えてしまいそうですが、

銘木品、木工品、木工用の工具の柄など様々に使用されます

国産の「エンジュ」を見ることができ、さらに

ゴルフの松山選手が日本人初めてマスターズ優勝のニュースも入り、

結果、今週は明るい気持ちでスタートが切れそうです ゚。(n´v`n)。゚

 

 

【#483】 ブナ

木材業界も緊急事態といって過言ではないくらいに

土台・柱・梁桁・根太・垂木・間柱・・・と建前に必要な部材は、

無垢材・集成材に限らず、輸入材・国産材に限らず

価格の上昇と材料不足と調達には困難を極めておりまして

事務所を離れることが出来ないような状況です(((°ω°;;;))

そのような中、ふと休憩時間に工場へ行くと、「ブナ」の木を発見しました (* '∀'人)





山に立っているブナの木(の皮)を見ていると、とてもパリコレに出てきそうな“秋冬もののコート”と思うくらいファッショナブルな色とデザインでとても好きです( ´艸`)

4月は入学シーズンですが、廿日市市の全ての小学校1年生になった子ども達には

市から全生徒さんに「けん玉」がプレゼントされますが、「玉」は「桜」で

「けん(剣)」の部分が「ブナ」ですね (*^ー゚)b

木の表情を見て頂くと「見たことある!」と思って頂けるのではないでしょうか(o´∀`o)

 
 

 

【#478】 Seeing is believing

昨日は納品させて頂きました現場が完成間近ということで、
・「米松」「地松」「桧」「杉」などの構造材
・「ブラックチェリー」「桧」のフローング
・「樅」「レッドシダー」「杉」の天井材
・「バツ」のデッキ材
スペイン漆喰
・・・・など
他にも色々と納めさせて頂きました“木”がどのように料理されたのかなと
楽しみに見学させて頂きました (「゚ー゚)!!

 

現場では取り付けてもらった木が輝かしく見えましたが、
中に2つほど“驚き”と“発見”がありました(〃゚∀`,,)
 
1つは、「スペイン漆喰」の “白い壁” が照明の光によって “柔らかな黄い壁”に見えたことです( '∀' )

 

5種類のホワイトの中から選ばれた、選ばれた1つからスペインの薫りが醸し出されていました(o‘∀‘)
 
2つ目は2Fの高さ2300mmと比較的低い天井ですが、設計さん曰く
「杉板」を貼ることによって圧迫感が無くなり「天井抜けた」感が出て良かったと言われました(´▽`)

 

実際に間仕切りを挟んで同じ高さの白色のクロス天井の下を歩いてみましたが、
私も杉板の天井の方が解放感を感じることができました(*´・∀・)
杉の木の色や板目の「1/fゆらぎ」効果と思いますが、
料理は味わってみないとわからないですね(^O^)

 

【#476】 天空デザイン

日曜日の大雨から一転、今日はとても暑く、天空は黄砂で真っ白な月曜日となりましたε-(´o`;A

そのような中、広島県産「杉」で製作されました「ベンチ」を5階から担いで運び降ろすということでどうなることかと思いましたΣ(‼❍ฺω❍ฺ‼) 

 




しかしながら、幸いにして材質が「杉」ということでとても“軽く”、

2人で汗をかくことなく運ぶことが出来ましたΣb( `・ω・´)

 



「木は軽い」ということで、運び降ろすことも運び上げることも比較的容易のはずで、

先月テレビでインドネシアのデパートの屋上に「天空の住宅街」を見て驚きましたが、

以前に広島県木連のCLT視察に行った方から、ヨーロッパのビルの高層部に軽い木材(CLT)が使用されいたとお聞きしました。(゚∀゚`*)

ビルの屋上に軽い「木造のペントハウス」も増えてくると思いますし、

これからの「天空の城」は都市の中で見ることができ、日本のスカイラインも変わってくるかなと思うとワクワクしますd(*^0^*)d


関連ブログ

【♯403 天空リノベーション】 http://www.ogirokuemon.com/blog/staff_blog/20201203170719
 

 

 

【#475】 杉と野球

コロナ感染者が全国的に増えつつあるのは心配ですが、プロ野球も遂に開幕し

今年も我らがカープの応援が始まりました(´∀`*)

今シーズン初の逆転負けでカクっとこけてしまいしまいそうな気持ちですが、

なんとか勝ち越して月曜からの仕事のモチベーションMAXといきたいところです(●′∀`)

野球を観たせいか、工場の「杉」を見ていると、長い4mの「杉のフローリング」が

「野球の打順」のように見えてしまいました(*´・∀・*)

木の末(先の方は)は白く“スピード感”を感じ、打順で言えば一番バッターのイメージでしょうか(´▽`)

 


 

木の真ん中当たりは源平(赤白)と“巧みな”感じがし、「2番セカンド菊池」と言ったところでしょうか(*´・∀・)

 
最後は、木の元(根っこに近い方)は赤身が強くなってきて“パワー”が感じられるので、

まるで、4番・5番バッターのイメージです(*´∨`*)

 


 

 

【#469】 1/2東屋

工務店様が作って持って来られたのは、

1/2スケールの「東屋」の模型でした(סיםיס)!!





高さ2メートルもあり、これで十分かなと思うくらいの大きさで、

実物大は18mの“ガンダム”ほどは大きくありませんが、

高さ4メートルのallヒノキでつくる「東屋」の完成が楽しみです(*・∀・*)

それにしてもこの1/2東屋は木材の材料費(杉・桧)はゲーム「スウィッチ」と同じくらいの金額で

実用サイズとして家庭用に量産されても!と思いました(^-^)

 

【#466】 こだわり

事務所に“ヒノキ集成”の梁サンプルが届いていました(〃゚∀`,,)


 

広島県では一般的に米松で杉をサンドイッチした「ハイブリッド集成材」が有名ですが、

聞くとこの「ALL桧の集成材」はこだわって作られたそうで、

見た目には白くて美しく、強度も高い特注品だそうです(・∇・)

一方、

工場では「イペ」に負けじと、30㎜の「バツ」が塗装されており、
これまた聞くと、「イペ」よりも「バツ」の素性や仕上がり感を好まれて選ばれたそうです(*´∀`*)

 


魅力ある商品をご提案するだけではなく、お客様の「こだわり」もとことん聞いてまいりたいと思いますので、どんどんとご要望のほど宜しくお願い致します(o´・∀・`o)

 

【#464】 木の外壁

先々週に「レッドシダー(米杉)・無塗装」の施工写真が送られてきました(o´・∀・`o)

  


  

本日現場を見させて頂きますと、塗装が施されていました(o´▽`o)
 
 「無塗装」の木の色・バラツキはそれはそれで美しく個人的には好きなのですが、

この度の現場は東西南北に貼られるということで、全体が揃って美しく変化(エイジング)していくかわからない為、

初めから均一に塗装しておくこともあるのだなと改めて思いました(*´▽`)

 

 

【#463】 excellent recover

木は経年変化によって、

「深み」、「味わい」、「美しさ」が増して「+プラス」にもなりますが、

経年劣化し「-マイナス」に捉えられることもありますo(`・_・´)o 

※今から一年前のテーブル&ベンチ⬇️



 

※屋外で雨と強い日差し(紫外線)を一年間受けつづけた結果





 

この一年間、人でいうフェイスシールド、フェイスカバー、スキンケアを適時行っていればこんな状態にはならないのすが、

もう1つ、こんな状態になったとしても、

無垢の木は磨いて(削って)、
再度オイルを染みこませてお化粧すれば再び生き返ります(p゚∀゚q)

 


 リカバリーに優れた無垢の木を宜しくお願い致します(●^_^●)

 

 

【#462】 二十年の眠り

シドニー・オリンピックの頃に施工された「ウッドデッキ」の改修工事が行われるということで、

現場を拝見させて頂きました(*・∀・*)

 

当初は「木材の全量交換」というお話でしたが、結果的には

「床下の大引の“イペ”」は、20年の眠りから覚めても全くと言ってよいほど腐れ・傷みがなく、

「床デッキ材の“イペ”」もまだまだ元気そうで(※仮に衰えたとしても表面の交換が簡単であるという理由で)

“イペ”は全て再利用となりました\(^o^)/


一方、

「床下の根太・大引」に使用された木材(“イペ”以外)は全て「イペ」に交換することになり、

“イペ”の強さを改めて再認識できました(*´∀`*)

 


次回20年後は最初の施工から数えて40年後、

果たして交換が必要かどうか?

2040年オリンピックの開催地はどこになるか?

楽しみに見守りたいと思います(゚▽^*)

 

PAGE TOP