»
»
カテゴリー:木材

スタッフブログ

 

【#055】 ”赤柾”day

今朝朝一番のFaxに、「中国松の赤柾 縁甲板」の問い合わせを頂きました(@▽@)
 ※ラオス松より目が優しく、地松に似た材です。
今日は昼から大雨警報がでるなど、外にでれず、会社にいました(´△`;)
工場の中では、テーブル用の“ナラの(赤)柾目板“を選別していました。
 

他にも、建具用の“レッドシダーの柾目板
 

 
階段上の手摺や笠木用の“杉の赤身の柾目板
 

カープが弱い中(>_<)、そして大雨の中(>_<)、力強い赤・赤・赤・赤の柾目板で元気が沸いてきました٩( 'ω' )و
外壁用レッドシダーのサンプル塗装の乾きを待って明日は外廻りしたいと思います!(^^)!

 

 

【#053】 番付け

特一「節有り」の杉の柱56本の中から、見える場所になるべく節が少なく表情が良いものを
37本選り出すために、工務店の社長自ら番付けに来られました<m(__)m>

なかなかしっかり節が入っているので申し訳なかったですが、
それでも56本×4面=224面を2時間じっくり1本づつ見て番付して頂きました<m(__)m>
  
構造材やフローリングは、同じ材、同じ価格でも最初に時間をかけ選別することで
仕上がりの美しさに大きな差がでることをいつも教えて頂いてます。
ついつい急いでしまいがちですが、
時間をかける所はしっかりかけないといけないなと改めて思いました(・ω・`)ゞ

 

【#051】 SAMPLE GO

本日は週末とあってバタバタする中、
サンプルを持ってお客様の各事務所にお持ちします( `・ω・) !!!

001:マホガニーのヘリンボーン


002:カラマツのフローリング


003:杉赤身勝ち(カープ色)フローリング


004:杉柾巾ハギ集成フリー板


005:杉 赤&白 造作用


006:米松ピーラー 造作用


木の特徴のひとつが“手触り(足触り?)”です!

最近、木は人間にとってストレスが非常に少ない素材であるという脳波の検証もあります。

しっかり見て触って頂きたいと思います<m(__)m>

 

【#048】 サッシ枠

ホワイトアッシュと杉、共に200mm以上の巾広なサッシ枠です(*´゚口゚`)!!!

 

新築戸建住宅、非住宅、リフォーム、リノベーション、古民家再生など、
各々の使い方によって仕様も様々です。

このサイズになると非住宅の大きな建物かと思いましたが、
古民家再生で仕様されるそうです(。 ・ω・)

無垢で大きなサイズとなると稀少で時に難しいですが、
木の魅力いっぱいですので嬉しいです(^o^)

 

【#038】 ポイントは下ごしらえ!

料理番組や料理教室では、食材の見極め方の次に、
「ポイントは・・・・・」と下ごしらえの大切さを教えて頂く事で料理が美味しくなると教えてくれます(。・ω・))

住宅も同じように大工さんが木材の1本1本を吟味して、
図面を見て、住まい手の気持ちや歩く導線を考えて、どこに、どの向きに、どの順番に使うかを決めることによって、
見た目に美しく強靭な建物が出来上がります!
今日の午後、工務店さんの木材検査に参加させて頂きました。


木材の元口と末口、腹と背、住まい手の歩く導線を考えながら1本1本番付けされていました(*▽*)!!!!!

  

現代はプレカット機械加工の時代ですが、昔(ながらの)の大工さんは木材1本1本が化粧で見える部分、見えない部分どちらも適材適所に番付けし、強くて美しい家を建てられてました。

 

そうした大工さんは今でもいらっしゃいます(^∀^)
そうした大工さんに建ててもらったお施主様は幸せだだなと思って見ていました(*^^)v

 

【#036】 一枚板 凄い!!

一枚板を選ぶ際に、
「長さ4mや5mの長モノで!」


 
 

「幅2mの幅広で!!」

  
 

「おもしろい木目で!!!」

    

いずれも全国には凄い一枚板はまだまだあります(必ず満足して頂ける木はあります)\(^o^)/

このたび私が望んでいた“青色の木”にも出会えました! 
 

洋服を買いに行くワクワクした感じで木材も選んで頂けるように
どんどんと発信したと思いますので宜しくお願い致します<m(__)m>


 

 

 

【#034】 絵馬 “令和”


このたび、新しい時代“令和”を記念して、
地元の神社に大きな絵馬を奉納されることになりました。
“額”と“框”の木材をいろいろ相談させて頂きながら、最終的にモミとヒノキで決定しました
(ご相談させて頂きました皆様ありがとうございました m(_ _ )m)。



 
 

新時代“令和”がタケミカヅチノオオカミのお力により、日本国の蘇り(蛙カエル)と、
災害(鯰ナマズ)のない穏やかな世になることを祈念して描かれました (^人^)

 

“令和”の英語訳は ”Beautiful  Harmony!!”

社員一同、得意先様、仕入れ先様、同業者の皆さんと心寄せ合い
美しい音色を奏でていきたいと願います (o_ _)o))

 


 

 

【#033】 木材検査~杉 造作編~

サイズ、節、曲がり、赤身勝ち、白太勝ち、茶緑色、木の素性・・・と木取り材の目視での選別検査を行いました。
最初の頃は1本を選別するのに数十秒かかっていましたが、
1000本を超える頃には5秒、5000本を超える頃には3秒で、1万本を超える頃には1秒・・・とまでは言い過ぎですが、
目の筋肉も鍛えられ、(構造材や、JAS材、仕上げ材の選別ともなればそこまで早く出来ませんが)
かなりの選別スピードを身につけることができました(◎▽◎)!

 
    


引き続き、どのような商品であっても、お客様に喜んで頂けるように、
製材時、加工時、梱包時、配送時など細かく商品をチェックしていきたいと思います(・〇・)ゞ

 

PAGE TOP